徒然なるままに。

本当に世の中は汚い

ツイッターで書くのも良かったんだけど、文字制限あるし、少し長い文章を書いてみたかったからこっちで話そうと思ってます。
突然ですが、自分は中学生ながら、今の日本は本当に汚いと思っています。
自分はまだ中学生ですから一社会人として社会に立って自らの生活を築き上げるという行為を自分の手でしたことがないですから、何せ自分の目と脳みそで考えたことを建前としてとしか社会にモノを言うことはできないですけど、いくら条例を作って景観を守ったって、どこの国より高いタワーを作ったって、夜景が映えて街が輝いたって、しょうがないと思うんですよね。
結局は、それが与えるものっていうのは、条例を作って景観を守ったり、タワーを作ったりしている、人間という生き物が、人間という生き物に与える一時的衝動でしかないと思っています。
結局は、どんなに美しい物を見て衝動を受けても、今後生活していく中で腹を立てたりしてしまえば、結局は振り出しに戻ると思うんです。
自分はまだ青臭い中学生で、大の大人からしたらただのガキの戯言に思われるでしょう。それでもいいです。それでもいいですけど、それだけならわざわざ自分の人生の時間潰して文字打ったりなんかしません。今の僕が社会人のあなたたちに言いたいのは、「集団としての意識があるかどうか」ということです。
ニュースを見ていてもそうですが、結局、きめ細やかな意思と生涯をかけて築き上げた性格が密集している惑星ですから、誰しも、自分が幸せに生きていくために必死だと思います。
僕は、将来絶対政治家にはなりたくありません。
政治家の方には不快かもしれませんが、僕だって、政治家の方々が不正を働かず、国の中枢として自らの意思より国民の意思を尊重していこうという気持ちを大切にして、言葉じゃなくて、行動や態度でしめしていくカッコイイ仕事をしていれば、もしかしたら政治家を志したかもしれません。
ただ、今の日本の政治家は真反対です。
不正は働くし、国の中枢としての意識は薄く自分が税金の恩恵を受けようとして口だけで国民の幸せを願うようなことを言っているだけとしか思えません。
努力は裏でするものと言いますが、行動ばかりは裏でしていては意味がないと思います。
僕は政治家の方々が日本のためにどんなに行動をしているのか把握していませんが、言ってしまえば、僕みたいな一般人に政治家の方々の行動は行き届いていないということにもなると思います。
普通に生活していても、メディアなどを通して普通に生活していても政治家の方々の努力からなる行動が足元に及んでいれば、政治家の方々の仕事が実ったと言えると思います。
まあ、結局は今僕自身がこうやって世間に否を表しているのも、自分の人生が充実していないのを口実に政治家の方々にむやみにうやむやをぶつけているだけなのかもしれませんね。
結局は、人間の惑星の住民と言う名の集団に属している限り、自分一人のことばかり考えているようでは、自らの生活もままならなくなるぞということが言いたいんだと思います。

Surface Pro 3 いいぞ。

まずタイピングが楽しい。

一番最初のサーフェスのプロ仕様じゃないやつのタイピングカバーの衝撃でタイピングカバーに疑問を抱いていたが、プロ仕様のしっかり押し込めるやつは打っててなかなか楽しい。

何が楽しいかっつーと、普通のキーボードは一個一個キーが浮き上がってて、押し込むおししろがあるっていうか、押し込むまでのリーチがある。

だけど、あくまでもカバーの役目を担うキーボードは、なるべく薄くなければならない。

これが功を奏して、押ししろが見事に削減されつつも、タイピングの実感がわいてくる。

もちろん、ある程度の慣れは必要ではあるが、そこは時間でカバーできるし、何より打ってて楽しいから手が覚える。

しかも、めちゃめちゃ薄いのに文字盤光っちゃうシャレオツな機能付き。

次に画質。

何かと自分は画質にうるさいが、iPadのレティナディスプレイより解像度がある。

まあパソコンなんだから画質がきれいじゃないと困るんだけど。

やっぱり、アイパッドを使っているとタブレットな分いろいろ最適化されている部分があるが、サーフェス一応タブレットだけど、もろパソコンなんだよね。

説明しづらいけど、要するに、アプリが必要ないタブレット

タブレットなのにアプリを使わない違和感。

ただ、完璧ではないんだな。

タブレットとPCを合わせると、やっぱり相違点が生まれる。

タブレットとしては重くてでかいし、PCにしてはパフォーマンスが少し心もとない。

俺だったらMacBook買っちゃうかなーw

TOMBOW MONOgraph シャープペンシル

MONOって聞くと、消しゴムが有名ですよね。
でも、モノ消し作ってるTombowさんは、れっきとした大手文房具メーカーで、当然ですがシャープペンシルも何本も素晴らしい商品が販売されています。
今回はそんなトンボさんが出されたシャープペンシル、"MONOgraph"を紹介します。
f:id:s-o-u:20140811085526j:plain
デザインはなかなか凝っていて、多数の機能を備えながらも洗礼されたデザインなので、トンボさんの技術がうかがえます。
f:id:s-o-u:20140811085652j:plain
機能等は写真のとおりです。
俗に言う"フルシャー"ですが、賛否の声がありますが自分はなかなか良いのではないかと思います。
重りが中に入るので必然的に低重心になり、書きごこちも上がると思います。
f:id:s-o-u:20140811085944j:plain
消しゴムは、従来の備えついているようなものではなく、本体上部のラバー部分を回すことでニョキニョキと出てきます。
キャップの紛失も防げますし、なかなか良いのではないでしょうか。
ただ、備え付けの消しゴムは自分的にはあまり使わないというか使いたくない(ルックス的に...)ので、個人的にはあまり興味のない機能だと思っています。
当然ですがニョキニョキと出てくる消しゴムはMONO消しです。(でないと困ります)
f:id:s-o-u:20140811090438j:plain
早速出してみました。
初めて手に持った感想としては、わりかし重めだということです。
見た目細いし、ラバーグリップじゃないから、パイロットのS3みたいなかんじかなと思っていましたが、低重心なので、やはりしっくりきます。
オプトをプライマリでずっと使ってきたんですが、壊れてしまったのでセカンダリで使ってたDr.Gripをプライマリにするつもりで、モノグラフをセカンダリにするつもりでしたが、この出来なら充分プライマリいけます。
f:id:s-o-u:20140811091105j:plain
側面には、印刷があります。
f:id:s-o-u:20140811091233j:plain
側面。こちらはシンプルですね。
シャープペンシルらしいです。
f:id:s-o-u:20140811091736j:plain
f:id:s-o-u:20140811091307j:plain
通常のシャープペンシルにおけるノック部分を変更してあるこの個体は、クリップを押し込むことで芯を出します。
そのため、クリップの取り外しは不可能です。
f:id:s-o-u:20140811091752j:plain
そのため、押し込むスペースを開けた押ししろが本体に切り込まれています。
f:id:s-o-u:20140811091928j:plain
f:id:s-o-u:20140811092000j:plain
ペンシル上部のラバー部分を回すことで消しがニョキニョキと出現します。
ただ、調節は本人次第なので、ながーく伸ばして使って、折ったとしても異議は申しだてられません(笑)
f:id:s-o-u:20140811092203j:plain
勢い良く本体を振ると
f:id:s-o-u:20140811092235j:plain
芯が出てきます。
ワンノックにつき出てくる芯の長さはちょうど良い長さにとどめられていて、ちょうど良い長さに設定されていると思います。
f:id:s-o-u:20140811092347j:plain
ラバーグリップではないただのプラスチックグリップなので、いつもプニプニのラバーグリップのペンシルを使っている人には少し慣れが必要になってくると思われます。
f:id:s-o-u:20140811092534j:plain
書きごこちはなかなかよく、クルトガのようにムニュッと中に入る嫌な感じは全く感じられません。
むしろ奥に入らないので、押し付けても大丈夫そうです。
ただ、書きごこちの好き嫌いは違いがあるの、好みが分かれるところでしょう。
f:id:s-o-u:20140811092812j:plain
芯は工場出荷状態の本体に入っている芯を使ってますが、少し、オプトに使い慣れていると字が薄くなる傾向がありそうです。

さて、今回紹介したシャープペンシル"MONOgraph"いかがでしたでしょうか。
今回のレビューが参考になると嬉しいです。
ご視聴ありがとうございました。


ONEOKROCK Mighty long fall 和訳

公式じゃないんで参考程度にお考えください

「Mighty long fall」

When we met (僕らが出会った時と)

The pain is the same  (痛みは同んなじさ)

It was us (それは僕たちだったんだよ)

Inside of me (僕のそばから)

Is where you go (君は何処かへ行ってしまう)

Cause its too blue (I knew) (あれも青かったからだ)(僕は知ってたんだ)

This si de of me I want a little more (もう少しでいいから僕の近くにいてほしかった)

The bottom side it seems I’m just a little bored (一番底は少し退屈だったよ)

Nothingness (なにもないんだ)

Don’t go it’s a mighty long fall (行くんじゃない、奈落の底だ)

When you thought now is the time (時間はある 今がその時間だよ)

Stronger it’s a wake up call (禍々しいものが呼ばさせようとするんだ)

When the life’s ready to shine(人生の輝く準備ができたときにね)

It seems like gravity keeps pulling us back down(それは重力が僕たちを引き下ろそうとしているようなものだよ)

Stronger it’s a mighty long fall (禍々しい者よ、それが奈落の底だ)

You know time is up (時間切れなのは知ってるんでしょ?)

嘘 一つ 愛を 二つ

それでなんとかやりすごしてきたでしょ

でもそれじゃもう僕をだませないでしょ 

じゃどうする どうしよう

Don’t go it’s a mighty long fall (行くんじゃない、奈落の底だ)

When you thought now is the time (時間はある 今がその時間だよ)

Stronger it’s a wake up call (禍々しいものが呼ばさせようとするんだ)

When the life’s ready to shine(人生の輝く準備ができたときにね

描きたがりな未来に明日はない

いっそどうせ挑むなら

認め続けよう 続けよう

Woahh

Get up get up get up get up (立ち上がれ 起き上がれ 立ち上がるんだ)

Time to make a mess for what you’ve done (時間が君に何かをめちゃくちゃにさせてしまう)

Get up get up get up get up (立ち上がれ 立ち上がるんだ 起きあがるんだ)

Running with the demons in your head (君の頭の中の悪魔と一緒に走ってる)

Lets shout it out completely (完全に叫び切れ)

Never really want to know (絶対に知りたくないのなら)

Lets shout it out, we’re screaming (さぁ、叫びまくれ 僕らは叫んでるんだ)

Woah

Don’t go it’s a mighty long fall (行くんじゃない、奈落の底だ)

When you thought now is the time (時間はある 今がその時間だよ)

Stronger it’s a wake up call (禍々しいものが呼ばさせようとするんだ)

When the life’s ready to shine(人生の輝く準備ができたときにね)

It seems like gravity keeps pulling us back down(それは重力が僕たちを引き下ろそうとしているようなものだよ)

Stronger it’s a mighty long fall (禍々しい者よ、それが奈落の底だ)

You know time is up (時間切れなのは知ってるんでしょ?)

http://youtu.be/UjZqcDYbvAE

コマさん

コマさんは方言を使う。

ものすごいをもんげーって言うし、語尾にズラがつく。

もんげーって岡山だけど、ズラって静岡だよね...

一体どこ出身なんだコマさん!

もんげー気になるズラ!

短編小説を募集します

中学生の恋の短編小説を募集します。

どんなものでも構わないので、長すぎず、短すぎない程度で。

たくさんの応募お待ちしております。

自分は存在しない方がいいのか

ネットで自分の気分を晴らすつもりはないが気おさめに残す

俺は部活に行かない端から見たら部活をサボる根気のないやつだと思うだろう皆部活に熱心で楽しそうだ俺も一年の頃は楽しみ雨が降ってなくなった時は心底落ち込んだアイツらがいなかったら今頃後輩と仲良く笑顔でラリーでもしてたんだろうな試合にもコイツらと一緒なら乗り越えられると思ってラケット握ってたんだろうなアイツらは俺を部活から排除しといて涼しい顔でコートで後輩と仲良く笑顔でラリーしてる終いにはアイツらは後輩に俺のイメージを悪いヤツの限りの設定で刷り込んでんだろ部活から排除された俺は皆が部活で嬉しそうに楽しそうに笑顔を溢す中一人でした向いて暗い顔で帰る 帰ってるときにいっつもいっつも部活いってる俺は今頃何してるのかを思う アイツらは俺を部活から排除しといて俺のぶんの試合に出て成績あげてる 俺はその時家で部活に行ってたらどういう自分に成ったのか考える アイツらは部活でアピールしてリア充 俺はアイツらから部活を奪われた真実を伏せられて非人扱い 悲しいのかの字も喉からでねぇ 俺は部活を奪われて成績下がる このままいくと低い高校しかいけなくなってろくに就職もできなくなる アイツらは俺から人生を奪った 何も知らない回りの人や部活に対して良い思い出しかない大人たち これが今の部活です これが手を汚さないイジメです

良かったらグッドやコメント、読者登録をお願いします。最後までご覧いただき、ありがとうございます。